あっくんと生きる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっくんと生きる

「左心低形成症候群」と診断された息子の闘病記+親の感情

「サンキュ!」掲載に関する本ブログ記事の一部を,ハウスの公式ブログに引用して頂きました

Sponsored Link

前回の投稿で,あっくんが「サンキュ!」内のドナルド・マクドナルド・ハウス関連の記事に登場した件について述べました.

www.akkun-ikiru.com

それを受け,福岡ハウスのマネージャーよりご連絡を頂き,ハウスの公式ブログにて,当該記事の文章を一部引用して頂きました.

感謝の意を含め,ここでハウスのブログのご紹介をしたいと思います.

ドナルド・マクドナルド・ハウスのブログについて

当該ハウスの公式ブログ記事は,下記リンクからアクセスできます.小生が前回投稿した記事の一部とあっくんの写真をご紹介頂きました.

dmhcj.lekumo.biz

福岡ハウスに限らず,全国のハウスにおける取り組みやイベントの様子が定期的に紹介されているようです ^^

(これは私の個人的な都合ですが,自分の地元が宮城なので,仙台ハウスの投稿も気になって読んでみたりしています.)

ハウスでのボランティアについて

前回小生が投稿した記事では,患者家族目線での記述となりましたが,忘れてはならないのがハウスのスタッフと,ボランティアの皆様の協力です.

ハウス内での日常の作業の多くは,ボランティアの方々のご協力で成り立っているのです.利用者である私達の見えない所で,ハウスを快適に利用できるようにするためのメンテナンスを無報酬でしてくださっているのです.本当に感謝の思いしかありません.

そのスタッフやボランティアの方ご活躍についても,サンキュでご紹介されているので,是非ご覧頂ければと思います.

私達もいつか余裕ができたら,あっくんと一緒にハウスでボランティアをできたらなと思っています.あっくんはまだハウスに入ったことがありませんしね笑.

ただ,いかんせん場所が遠いのがネックですが,まぁその時が来たら考えることにします.

なお,ボランティアの申込は随時受け付けているようです.詳細はハウスのホームページの「サポートのお願い」→「個人の方」→「ボランティアに参加する」の項に記載されています.

www.dmhcj.or.jp

募金について

そして,ハウスのホームページにも記載されていますが,以前小生が下記エントリでもご紹介したとおり,ハウスの運営は100%募金で成り立っています.

www.akkun-ikiru.com

患者の負担も一日1000円となっており,ただでさえ負担の大きい病児家族の経済的負担を大きく軽減できる素晴らしい施設だと思います.

募金についての詳細もハウスのホームページから参照できるようです.

マクドナルドで募金可能

全国のマクドナルドのレジの前に,ハウスの募金箱があります.もし,ハウスの取り組みに賛同される方がいらっしゃいましたら,ハンバーガーを食べたときのお釣りの小銭を募金箱に入れて頂けたら,ハウス関係者や私達病児家族にとって大変ありがたいことと思います.

かく言う私も,ちょうど昨日近くのマックでハンバーガーを買ったときに,募金をしてきました笑.

福岡のこども病院でも募金可能

実は,福岡市立こども病院の売店のレジ前にも募金箱があるんです.こちらにも気がついた時にチャリンチャリン入れるようにしています ^^

おわりに

今回は,ハウスのブログ,ボランティア,募金についてご紹介しました.

今後も様々なお子様がこども病院で治療を受けることになると思います.

病院のスタッフと手術の日程を打ち合わせするときも,ハウスの利用をほぼ前提に話をしていたので,もはや病院にとってもハウスは立派なインフラとなっている程の重要施設なのです.

そんな未来の患者家族を支えるためにも,このハウスが持続的に運営されることを願って止みません.